Initiatives for SDGs
SDGsへの取り組み

コアグローバルマネジメント株式会社は経済発展と環境保全を両立するサステナブルな取り組みを推奨します!

弊社で運営しているホテルにおいては、持続可能な環境と社会を実現させていきたいと考えており、出来ることから始めております。

01地球の気候変動対策にはお客様とともに取り組みます。

7 11 12 13

プラスチック排出量削減の取組

地球環境保全に配慮する為、エコ清掃の導入を予定客室における歯ブラシ、髭剃り、ブラシなどのアメニティをバイオマス素材に見直し、或いはフロントで必要な物だけお持ちいただくアメニティバイキング形式の導入によりプラスチック製品の削減に取り組んでおります。

月別プラスチック使用料推移表
13ホテル対象

2021年4月~6月度

前年比
8%

2022年4月~6月度
  • プラスチック使用製品の排出の制御

    客室における歯ブラシ、髭剃り、ブラシなどのアメニティをバイオマス素材に見直し、或いはフロントで必要な物だけお持ちいただくアメニティバイキング形式の導入によりプラスチック製品の削減に取り組んでおります。レストランではストローやテイクアウトの器などで多く使われるプラスチック素材の見直しを図ります。

  • 客室におけるエコ清掃

    地球環境保全に配慮する為、随時エコ清掃の導入を予定しております。エコ清掃によりCO2・水資源・電力・廃棄物等の削減につながります。

7 13 14
  • 客室における節水

    客室で使用されているシャワーヘッドや洗面蛇口に節水コマやシャワースイッチを使用し、水の使用量の削減に取り組んでおります。

  • 館内照明におけるLED化

    新築はもちろん、リブランド案件においてもLED照明の仕様を平準化し、消費電力の抑制とともに、室温上昇をおさえ、空調の消費電力の削減にも取り組んでおります。

  • トイレットペーパー使いきり

    トイレットペーパーは使い切りを啓発しております。

02従業員の育成

5 8
  • 女性のキャリアアップを応援

    ホテル業界では女性の従業員が半数以上在籍しております。その女性スタッフ達が結婚、出産を得ても働き続けられる環境を整えます。また女性管理職のシェアを広げていくことに取り組んでおります。

  • 海外人材の積極的な雇用

    グローバル化の未来を見据えた海外人材の積極的な雇用はフロント、レストラン、客室清掃と多岐にわたって行っております。

03地域の活性化と循環社会の構築に取り組みます。

11 12 13
  • 地産地消にこだわった料理提供

    レストランには地産地消を取り入れており、また地元メニューも取り入れることで地域活性化へとつなげます。

  • 食材における廃棄物

    ブッフェを取り扱うことによって、どうしても発生する廃棄物。朝食をとられるお客様の人数や原材料の調整によって廃棄量を削減いたします。

    具体的な取り組み一覧
    • myお箸持参で割引(-¥100)キャンペーン(ポモドーロ)/
    • 売店プラ製スプーン等の受け取り辞退キャンペーン(ポモドーロ)/
    • テイクアウト包材の選定(ポモドーロ)/
    • 社内会議等でのペーパーレス化/
    • 省エネ型機器の使用/節水への取り組み/
    • 消毒液を詰め替え容器で使用/
    • 地産・地消の食材利用(ポモドーロ)/
    • 食べ残し「0」キャンペーン(ポモドーロ)/
    • デリカテッセン:フードシェアリングサービス「TABETE」への登録・出品(ポモドーロ)/
    • 使い終わった食材の飼料へのリサイクル(全レストラン)/
    • 旬産旬消の食材利用(七園)/
    • レストラン全席禁煙/
    • ライトダウンキャンペーン(環境省)への参加/
    • レストラン一部クローズ時の消灯(客席・サイン・フロアー等)/
    • 夏の消灯イベント「キャンドルナイトでスローな夕食」(七園)/
    • 外部講師を招いての環境研修をスタッフに実施/
    • 子育て支援としての短時間シフト制導入/
    • 関連キャンペーンへの参画(ドットリボン・キャンペーン等)
  • 地域活動への参加

    「地方創生」の掛け声のもと、地域活動には積極的に参加し、地元地域との信頼関係を築いていきます。

    志摩市と防災協定を締結

    保有する「クインテッサホテル伊勢志摩」がある志摩市と、三菱UFJ信託銀行㈱、いちご地所、コアグローバルマネジメント㈱は「大規模災害時における避難所としての使用に関する協定」を締結しました。同ホテルを大規模災害時における避難所として使用し、地域の皆様の安全を確保します。

11 12 13 14
  • サンゴから生まれたサンゴを育てる35COFFEEと提携

    化したサンゴを200度以上まで温めて、コーヒー生豆を焙煎。売り上げの一部はベビーサンゴの植樹などサンゴの再生活動に寄付されてます。
    ※ヒューイットリゾート那覇の取り組み

04安心・安全への取り組み

1 11 13
  • 全ホテルでCORE’S CLEAN STAYING

    レストランには地産地消を取り入れており、また地元メニューも取り入れることで地域活性化へとつなげます。

  • 全従業員に抗原検査キットを定期的に配布

    不特定多数の方に接するホテル業、スタッフには安心して業務に取り組んでもらい、そのご家族にも安心してもらうため、定期検査を行っております。

  • AED(自動体外式除細動器)の設置

    不測の事態に備えてホテル内に設置。定期的に器具点検も実施しております。

  • 感染症対策

    従業員はマスクを常時着用し、お客様にはチェックイン時、レストラン入場時に検温を実施、館内にアルコール消毒液を設置、またフロントカウンターやレストラン対面席にはアクリルパテーションを設置し、定期的な空気環境測定によって換気の状態も確認しております。

1 11 12 13
  • バリアフリー

    車椅子でも安心してご来館いただけますようホテルのバリアフリー化に取り組んでいます。

当社独自の取り組み

  • 児童発達支援事業及び障害者就労継続支援事業への参入

    • 児童発達支援事業(児童発達支援・放課後等デイサービス)は、未就学児から18歳までの障害のある児童や発達に心配がある児童に対し、個々の発達の状態や障害特性に応じた運動機能や言語・コミュニケーション能力の向上を目的とした指導を実施提供することにより、将来の自立と社会参加を目指す支援であり、更には家族支援、地域支援をする事を目的とした事業です。
    • 就労継続支援事業
      一般企業への就職に不安がある、または困難な障害者を対象に、働く場を提供及びサポートすることを目的とする事業です。
    今後、当社は障害者支援を広げて行く役割を担って参ります。

  • 大学の先生と提携しSDGsにおける実証実験を行った結果の告知

    従業員はマスクを常時着用し、お客様にはチェックイン時、レストラン入場時に検温を実施、館内にアルコール消毒液を設置、またフロントカウンターやレストラン対面席にはアクリルパテーションを設置し、定期的な空気環境測定によって換気の状態も確認しております。