ニュースリリース

当社は、平成29年1月1日付で、(株)神戸クルーザー(本社・兵庫県神戸市)との間で業務委託契約を締結し、同2月1日より(株)神戸クルーザーが運航する神戸港クルーズレストラン船「コンチェルト」に新規オープンするフレンチレストラン部門の運営を開始いたしました。

 

当社がホテル運営において培ってきた料飲部門の運営ノウハウを活用し、「ル・テタンジェ国際料理賞コンクールジャポン」ファイナリスト選出等、数々のフランス料理コンクールにおいて受賞歴のある当社総料理長監修のメニューをご提供致します。

 

「コンチェルト」は、全長74m、2,138トンのクルーズ船で、神戸港の中心的な商業施設であるハーバーランドを出発し、1日4回、それぞれ約2時間の湾内クルーズ(ランチクルーズ、ティークルーズ、トワイライトクルーズ、ディナークルーズ)の運行をしております。当社による運営により、優雅に神戸の海上の風景を感じながら、クルーズ船上でフレンチのフルコースをご堪能いただけます。

 

また、船上ウェディングにもフレンチが提供できるようになり、婚礼プロデュースを行う当社グループ会社のコアファイズ株式会社(平成28年4月よりコンチェルト婚礼事業を受託)との相乗効果により、ブライダルのお客様のご要望にも幅広い対応が可能となります。

業務提携に関するお知らせ

当社は、平成28年12月21日付けで、以下のとおり、株式会社関門海(大阪府大阪市西区北堀江2丁目3番3号)との間で、業務提携を行うこととなりました。

 

当社のホテル運営事業の強みとして、近年訪日人口が急増している台湾人観光ツアー客を中心に、東南アジア各諸国の観光ツアー客の自社運営ホテルへの誘致を軸とした日本国内での旅程をアレンジすることによる集客能力を高めるところにあります。当社が運営するホテルへの訪日旅行客集客人数は、平成27年は約20万人、平成28年においては約30万人となっております。

 

株式会社関門海は、「食で明るい未来実現に貢献する」という企業理念に基づき、主力事業であるとらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」を中心に事業展開しており、重要戦略の一つとして「インバウンド需要」の取込みを掲げており、海外からの訪日旅行客の「玄品ふぐ」への顧客誘致を促進するために、兼ねてよりインバウンドに強力なアクセスルートを持つ企業との提携を検討しており、当社との業務提携に至りました。

 

当社は、株式会社関門海と業務提携を行うことにより、当社が企画する観光ツアー客の旅程に「玄品ふぐ」での食事を組み込むことが可能となります。今後、台湾人観光ツアー客を中心とした「インバウンド客」の「玄品ふぐ」への斡旋の協力を行います。また、「玄品ふぐ」の台湾における訪日フリー客向けセールスプロモーションにおきましても、当社が協力します。