インバウンドマーケットを創出し
あらゆるチャンネルを高度に組み合わせる

  当社は台湾・タイ・香港・東南アジアなど、近年訪日人口が急速に増加しているアジア圏において、強い営業力を保持しています。他のオペレーターには無い当社の特徴は、運営会社でありながら、強力な送客能力を兼ね備えている点です。

  現在運営をしているグループホテルへは台湾・タイを中心として年間約40万人のインバウンドを送客しており、GOPにおいては当社運営前と比較し約2倍〜6倍の成果を出すことに成功しております。
  当社の送客力は、当社がインバウンドセールスにおける独自の仕組みとルートを構築していることにより生み出されています。
  日本を訪れる訪日外国人観光客は年々増加しており、2017年には年間2800万人を突破しました。
  当社は、成田、関西、軽井沢等の地域において年間合計約40万人のインバウンド(訪日外国人観光客)を各運営ホテルへ送客しています。これは、日本におけるインバウンドマーケットにおいて、一定のシェアを保持している計算となります。

  当社は台湾発地の旅行代理店と直のネットワークを持ち交渉できるため、旅行商品の造成段階から当ホテルを宿泊地とするよう働きかけることが可能です。
  また、当社は熟練した外国人の営業及び手配スタッフによる受入れ体制を構築しており、かつ本社リザベーションセンターによる集中手配の体制を構築しております。顧客である海外旅行会社との密なコミュニケーションと信頼関係の構築を実現しているため、海外旅行会社からの長期にわたる安定した送客を可能としております。

高度なwebマーケティング

  インターネットからの集客は今やホテル運営においては主要チャネルのひとつに成長しておりますが、一方で競合他社もひしめく中、プラン設定、料金レベルコントロール、SEO対策など、綿密なオペレーションなしでは増客していくことは難しくなっております。

  当社は高いスキルを持つスタッフが在籍する本部によるWEBコントロールに加え、日次で将来の稼働率を予測する「フォーキャスト」にもとづいた精密なレート及びルームコントロールを行う「レベニューマネジメント」に強みを持っております。

  過去のデータをもとにブッキングカーブを作成し、先々の需給予測から高く売れる日は高く売り、単価よりも集客数を重視する日は価格を下げるといったきめ細かく柔軟な対応を行うことにより、集客及び単価の面で機会損失を発生させないオペレーションを実現しております。

コスト競争力

  当社は、利益の外部流出を防ぎ、オーナー様の利益を最大化することを目的として、清掃会社、施設維持管理・工事会社、ウェディングプロデュース会社をグループ企業に有しております。
  これは、専門性が非常に強い分野であり、かつホテルにおける大きな費用項目の一つとなる領域となります。

  当社子会社は、運営会社であるコアグローバルマネジメント株式会社と一体となった経営体制により、管理コスト・中間コストを排除し、安価なかつ質の高いサービスをオーナー様にご提供することが可能となります。